2番ホール

このホールこそ「High risk High return」と言う言葉がぴったりです。両サイドが谷です。しかも、左ドッグレッグの打ち下ろしと、あらゆるテクニックのショットが要求されます。
攻め方は、ティーショットを確実に、フェアウエイセンターへセカンドショットを2オン狙いでチャレンジするか、Lay upしてアプローチショットで勝負するかが、分かれ目となります。